中小企業の正しいブランディング 広告は使うな

企業ブランディングはどこから始めるのが良いでしょうか。特に歴史の浅い中小企業であっても大企業に勝りうるのが企業ブランディングの力です。むやみやたらに広告を打ったりして資金を浪費する前に、正しいブランディングを通して、企業の意思に合った急成長や成果を出すポイントを解説します。

もくじ

・企業ブランディングで結果が出ない中小企業の共通点

・広告なしでも成果の出る中小企業の企業ブランディング

・3ステップで行う企業ブランディングの構築方法

・まとめ

企業ブランディングで結果が出ない中小企業の共通点

企業ブランディングは、始め方で大きく成功か失敗かが変わってしまいます。特に中小企業では、企業ブランディングはどのような順番で始めるべきなのでしょうか。

 まず、企業ブランディングで結果が出ない中小企業に見られる共通点から見てみましょう。ただし、悪い例でも、ブランドの潜在力は眠ったままなので、改善することができます。

ブランド=知名度であると考え、露出を多くする取組みから始める

 良いモノづくりをしているのだから、社名・製品さえ知られれば必ず勝てるはずと考える純粋な行動です。しかし、これは企業ブランディングではなく、プロモーション(広告活動)です。

 ブランディングとプロモーションは、似て非なるものです。ブランドデザイン業界では次のように例えられます。

「プロモーションとは自分自身で自分を褒めること。そして、ブランディングとは、他者が自分を褒めてくれること」

中小企業においては自分自身で自分を褒めることよりも他社が自分を褒めてくれた方が効果は出やすくなります。

ロゴ、施設、制服などのデザイン刷新から始める

ただ変更するだけでは、何か変わるんだ程度しか伝わらず、顧客だけでなく、従業員も置き去りになります。

 バラバラに作られた事業戦略とデザインが偶然ピッタリとハマることは、あり得ません。とりあえず、新たなデザインで心機一転する行為は、自社に貢献する可能性は極めて低いどころか、ロゴ変更による会社の認知度低下のみがもたらされることもあります。

失敗している事例は、ほとんどが認知度だけあげれば企業ブランディングの完成であると考え、一度のプロモーションにお金・労力を使い切ってしまいます。その後、顧客、クライアント、採用候補人材などの人々に伝わる前に、息切れしてしまいます。

広告なしでも成果の出る中小企業の企業ブランディング

企業ブランディングで結果が出る会社に共通して根源にあるものは次のようなものが挙げられます。

・何も分からなくても経営陣自身が率先して学び、行動すること

・ブランドは中長期継続必要なのでしっかり計画を立てること

・お金を最初に使い切らないこと

お金にものを言わせず企業ブランディングを始める

 経営陣や経営陣の候補が、外部に向けてお金を使わずに、まず自分たちで何を目指しているのか考えることです。

自社で考えた結果、中小、後継系企業場合は半数以上は、次の回答に行き着くことが多いです。

・ただ会社を大きくすればいいわけでない

・売り上げ・利益がすべてではない

・長く今の事業を継続させ、社員や関係者に安定した生活を提供したい

 そして、とにかく注目・認知度を集めるために大金を使うことが、自社の目標と繋がっていないのではないか?と気づくのです。では、企業ブランディングをやろうと用意した予算や労力を他にどのように使うのでしょうか?

3ステップで行う企業ブランディングの構築方法

ここでは企業ブランディングの構築について3ステップで説明していきます。

企業ブランディングは主に

自己発見→内部共有(インナーブランディング)→外部発信(アウターブランディング)

の順で行うのがよいといわれています。

広告は使うなとタイトルでも説明していますが、そもそも広告を打つ前に踏むべきステップがあるのです。

順を追って見ていきましょう

自己発見

経営者自身が会社をどうしたいか考えるステップ。企業ブランディングに広告などの投資をするかどうかもここで考えます。自社の向かうべき方向は自分で決めましょう。

内部共有

多くの会社が見逃している施策、それは良質な内部共有です。ブランド用語だとインナーブランディングと呼ばれます。内部共有は簡単ではないのですが、ここで中小企業の強みが活きてきます。大企業よりも共有が容易で一丸となりやすいのです。

外部発信

ブランド用語だとアウターブランディングと呼ばれます。ここにきてはじめて手を出すのがプロモーション(広告)なのです。

プロモーションを打ち出す前に、社内で企業ブランディングの認識が一致していてこそ、ようやくプロモーションが効果を発揮するようになります。

プロモーションを打つのはなにか行動している感じが出て楽なのですが、中小企業こそこの順番を間違えないようにしましょう。

まとめ

上場企業を超える存在感をつくる中小企業の企業ブランディング。

 これには順序を守り、自社らしく継続することほど大切なことはありません。認知度が欲しいから、採用を伸ばしたいから、というその場限りの取り組みは企業ブランディングとは言えません。

 ですが、業界や会社の規模も関係なく、しっかりと自己発信をすることができたなら上場企業を超えるような素晴らしい存在感を作ることもできます。経営や社員の皆様に情熱があるなら、中小企業にとって企業ブランディングは欠かせない経営戦略となるでしょう。